中小企業の資金調達として、保険の解約や保証金の回収を利用しよう!

基本的な知識

中小企業は資金調達が順調に進まないケースが多いです。

ビジネスローンや融資を検討する企業が多いですが、低金利のローンは審査に通りにくくなっています。

そこで、おすすめなのが、保険の解約は保証金の回収による資金の確保です。

詳しくご紹介します。

 

保険を解約する

企業は様々な保険に加入しているケースが多いです。

保険加入目的としては相続対策、節税対策、退職金対策、事業保証対策など様々です。

資金不足になっているときは保険を見直し、不要な保険を解約することで解約返戻金を得ることができます。

これが資金調達につながります。

保険解約による資金調達のメリットはすぐに実践できることです。

一方、保険解約による資金調達のデメリットとして、保険のメリットが得られない点があげられます。

また、保険の解約をしたとしても、資金調達としては少額しか達成できないケースがあります。

タイミングによっては、今までに支払った保険料よりも受け取り分が減額になる可能性があるので注意が必要です。

 

オフィスの保証金の回収

敷金・礼金不要の物件も多いですが、基本的にはオフィス賃貸の場合、半年~1年分程度の保証金が必要となっている物件もあります。

不動産のオーナーと交渉し、保証金の一部が回収できるケースがあります。

しかし、無条件で保証金の回収ができない場合もあります。

交渉がうまくできない場合は、専門家の力を借りることでスムーズに保証金の回収ができる可能性が高くなります。

 

オフィスの保証金の回収のメリット

  • すぐに実践できる
  • オフィスの賃料によっては高額な資金調達につながる

オフィスの保証金の回収のメリットとしてはすぐに実践できること、オフィスの賃料によっては高額な資金調達につながることがあげられます。

交渉が難しく感じるケースがありますが、成功すれば資金調達として非常に有用です。

 

オフィスの保証金の回収のデメリット

  • 不動産オーナーとの関係性が悪くなる可能性がある
  • 専門家の力を利用する場合、仲介手数料の支払いが必要

 

オフィスの保証金の回収のデメリットとして、交渉がうまくいかなかった場合に不動産オーナーとの関係性が悪くなる可能性があります。

また、専門家の力を利用する場合、仲介手数料の支払いが必要です。

 

保険の解約や保証金の回収は資金調達に有用!

保険の解約や保証金の回収は資金調達に有用です。

資金不足になっている場合は検討してみると良いでしょう。