公的ベンチャーキャピタルを利用しよう!

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルは将来成長性のある企業に投資し、上場したり成長したりした後に利益を得る企業です。

民間のベンチャーキャピタルも存在しますが、公的なベンチャーキャピタルもあります。

公的なベンチャーキャピタルは民間のベンチャーキャピタルよりも出資までのハードルが低いと言われています。

 

公的ベンチャーキャピタルは「中小企業投資育成株式会社」

公的なベンチャーキャピタルは、「中小企業投資育成株式会社」です。

ベンチャーキャピタルは、将来投資先からの利益を得られなければ損失が大きくなるので、審査が厳しいです。

しかし、公的なベンチャーキャピタルである中小企業投資育成株式会社は、投資までのハードルが低いので、様々な企業に利用できる可能性があります。

 

公的ベンチャー企業のメリット

公的ベンチャー企業のメリットは出資を得るまでのハードルが低いことです。

民間のベンチャー企業からの投資を得られなかった企業にとって大きな味方となるでしょう。

 

公的ベンチャー企業のデメリット

投資後の支援が弱いというのが公的ベンチャー企業のデメリットとしてあります。

民間のベンチャー企業の場合、投資先の企業の成長を支援するため、経営などへのアドバイスを行います。

しかし、公的ベンチャー企業の場合は積極的な支援が得られないケースもあります。

 

エンジェルを利用する方法あり

ベンチャー企業に投資する個人投資家をエンジェルといいます。

エンジェルはあくまで個人の投資家なので、ベンチャーキャピタルと比較し、経営方針への口出しをしたり、上場を急かしたりする可能性が低いです。

説得する相手が1人なので、うまくいけば資金の調達がしやすいです。

自由に経営できるのもメリットの1つと言えるでしょう。

しかし、エンジェルは探すのが非常に難しいです。

インターネットを利用したり人脈を利用したりする必要があります。

 

公的なベンチャーキャピタルについても知っておくことが大切!

ベンチャーキャピタルは資金調達に非常に有用ですが、民間のベンチャーキャピタルの利用がうまくできない企業もあります。

公的なベンチャー企業の存在を知っておくことで、ベンチャー企業からの投資を受けられる可能性があるのです。

また、個人の投資家であるエンジェルの存在も企業にとっては非常に魅力的です。

幅広い資金調達法を把握しておきましょう。