公的機関や銀行からの融資は魅力的!

融資について

企業が資金を調達する場合、ビジネスローンや融資などを利用するケースがありますが、金利の高さや審査の通りにくさがネックとなります。

資金調達をする際、公的機関や銀行からの融資は非常に魅力的です。

公的機関、銀行からの融資についてご紹介します。

 

日本政策金融公庫を利用する

日本政策金融公庫は、国の金融機関です。

国が所有している機関なので、民間の金融機関とは異なり、営利目的とはなっていません。

目的としては、企業を支援して、日本経済により良い影響をもたらすことを目的としています。

日本政策金融公庫を利用する場合、金利が低く、審査がやさしいケースが多いです。

民間の金融機関よりも利用しやすいでしょう。

 

日本政策金融公庫による融資のメリット

  • 審査がやさしい
  • 金利が安い

 

日本政策金融公庫による融資のデメリット

  • 利用条件が詳細に設定されている

利用条件が細かいので、日本政策金融公庫による融資をどの企業でも受けられるわけではありません。

利用する際は利用条件について把握しておく必要があります。

 

銀行の融資

銀行の融資の方法として、プロパー融資、信用保証協会の保証付融資の大きく2つがあります。

 

プロパー融資

プロパー融資は銀行が貸し倒れリスクを取ることとなります。

そのため、銀行は融資先の企業が倒産した場合、大きな損害を受ける可能性があります。

その分、審査が非常に厳しくなるため、中小企業にとってはハードルが高いです。

実績のある企業、将来性が確実な企業でなければ、プロパー融資を受けることはできません。

プロパー融資のメリットとしては、数億円単位の高額な融資が得られることです。

デメリットとしては審査に通りにくいことが挙げられるでしょう。

 

信用保証協会の保証付融資

信用保証協会の保証付融資の場合、銀行は貸し倒れのリスクを負うことがありません。

万一融資先の企業が倒産した場合、銀行は信用保証協会からの保証を利用することができます。

そのため、審査はある程度やさしくなっています。

中小企業であっても、融資が得られる可能性があります。

 

信用保証協会の保証付融資のメリット

  • 比較的審査がやさしい
  • 金利が低い

 

信用保証協会の保証付融資のデメリット

  • 保証料を保証協会に支払わなければならない

保証料を保証協会に支払わなければならないことが、信用保証協会の保証付融資のデメリットとしてあります。

 

公的機関や銀行から低金利で融資を受けよう

公的機関や銀行からの融資は、低金利で受けられるのが魅力的です。

審査に時間がかかるため、早めにアプローチすることが大切です。