投資で資金調達が可能!

資金調達手法

中小企業にとって、資産調達は重要な課題です。

資金調達が順調にできずに悩む企業も多いですが、投資で資金調達をするのが有用です。

今回は投資関連の資金調達法であるクラウドファンディング、ソーシャルレンディングについてご紹介します。

 

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、群衆を意味する「クラウド」と資金調達を意味する「ファンディング」が合わさってできた言葉です。

クラウドファンディングは、投資家が目をつけたプロジェクトに対して出資します。

出資してくれた投資家に対しては特典の準備が必要です。

高額な資金調達も可能です。

 

クラウドファンディングのメリット

  • 資金調達がプロジェクト単位でできる
  • まとまった資金を調達することが可能

クラウドファンディングのメリットとしては、資金調達がプロジェクト単位でできることがあります。

プロジェクトに関して賛同を得られると、出資金を獲得できます。

まとまった資金の調達ができることも魅力の一つです。

 

クラウドファンディングのデメリット

共感を得られないプロジェクトの場合、資金が集まりにくいというのは、クラウドファンディングのデメリットです。

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、個人投資家から資金を集めてできるファンドのことです。

ソーシャルレンディングを利用する場合、事業単位での資金調達が可能です。

個人投資家にとって、少額から投資できる、高い利回りの可能性があるなどのメリットがあります。

銀行預金の金利は今ではほぼゼロに近いので、個人投資家にとっても魅力的なのです。

 

ソーシャルレンディングのメリット

  • 資金調達がプロジェクト単位で可能
  • プロジェクトのクオリティが高いと高額な資金調達ができる

資金調達がプロジェクト単位で可能なので、ソーシャルレンディングは利用しやすいです。また、プロジェクトのクオリティが高いと高額な資金調達ができます。

 

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングのデメリットとしては投資家への見返りとなる利回りが低い場合、投資をしてもらえない点があります。

 

投資により効率的に資金調達をしよう!

中小企業の資金調達の手段として、出資家による投資は非常に有用です。

自己投資はある程度リスクを伴いますが、クラウドファンディングやソーシャルレンディングはリスクが少ないのが魅力です。

投資により効率的に資金調達しましょう。