資金調達に株を利用しよう!

資金調達手法

中小企業が資金調達する方法は様々ですが、方法の一つとして株の利用を検討するのも良いでしょう。

しかし、株に関しては事前の知識が必要不可欠です。

今回は、新株予約権と従業員持ち株会について詳しくご紹介します。

 

新株予約権(ストックオプション)

新規予約権はストックオプションとも言います。

新規予約権は、株価が将来上がったとしても、株を決められた一定の価格で購入することのできる権利です。

例えば、株価が200円から2,000円に上がった場合、新規予約権を株価が200円のときに獲得しておくことで、株を1,800円の利益を出すことを前提に購入可能です。

新規予約権に関しては、社員が獲得し、モチベーションアップにつながることもあります。

また、社債の募集にもつながる魅力的な方法です。

 

新株予約権(ストックオプション)のメリット

  • 金融機関からの借り入れ条件が有利になる
  • 社債の募集のモチベーションアップにつながる

新株予約権のメリットとしては、金融機関からの借り入れ条件が有利になること、社債の募集のモチベーションアップにつながることがあげられます。

 

新株予約権(ストックオプション)のデメリット

譲渡制限がないと企業にとって管理しにくいというのは、新株予約権のデメリットです。

 

従業員持ち株会

従業員持ち株会は、資金を従業員に拠出してもらい、会社に出資する仕組みです。

株主は従業員持ち株会となります。

資金は給料の天引きなどで定期的に集めることが多いです。

間接的な株主ではありますが、社員が株主となります。

そのため、モチベーションアップにつながるのです。

また、株主は経営方針に口出しをするわけではないので、経営上の不都合が生じないことがベンチャーキャピタルとの違いです。

 

従業員持ち株会のメリット

  • 定期的に社員から出資金を集めることができる
  • 社員の働くモチベーションがアップする
  • 買収などを防ぐことができる

定期的に社員から出資金を集めることができる、社員の働くモチベーションがアップする

、買収などを防ぐことができるというのは従業員持ち株会のメリットとしてあげられます。

 

従業員持ち株会のデメリット

将来性の乏しい企業の場合、社員のモチベーションが下がる可能性があります。

 

株を資金調達の手段にしよう!

資金調達の手段として株は有用です。

正しい知識をつけ、株を資金調達の手段にしましょう。