資金調達の手段を知っておこう!

資金調達手法

資金が不足している中小企業は、何とかして資金調達をしたいと思いますよね。

資金調達に関しては様々な方法がありますが、手形割引を利用したり、債権回収をしたりすることも考慮するのがおすすめです。

今回は、手形割引の利用と債権回収による資金調達についてご紹介します。

 

手形割引を利用する方法あり

手形割引は手形を売却して資金を得ることです。

手形に関しては資金化するスピードが速いです。

手形割引を利用する際は、手形割引業者に対して手数料を支払います。

信頼性の高い企業の手形は、比較的手数料が安くなっています。

 

手形割引のメリット

  • 資金化のスピードが速く最短即日で可能
  • まとまった金額の資金調達が可能

 

手形割引のメリットとしては、資金化のスピードが速い点があります。最短では即日で可能です。

また、まとまった金額の資金調達が可能となります。

 

手形割引のデメリット

手形割引のデメリットとしては、手形割引業者に割引料として手数料を支払う必要があることがあげられます。

 

債権回収をすることも重要

資金難に陥っている中小企業は、債権回収ができなくなっているケースが多いです。

未回収の債権が増えると、資金繰りが圧迫されてしまいます。

債権は提供した商品やサービス分を回収することのできる権利です。

特に仕入れ先との付き合いが長い場合、債権回収を促すことができないケースがあります。

債権回収ができていない状態が続くと、資金状態が悪化してしまいます。

資金不足になっている場合は、企業の未回収債権を確認し、回収を始めることが大切です。

債権回収に関しては、交渉により解決できるケースが多いです。

万一未回収債権が高額であり、悪質で回収できそうにない場合は、法的な手段を利用して回収を進めることができます。

債権回収のメリットとしては、まとまった資金が得られることが挙げられます。

特に未回収債権が多い場合、高額な資金調達につながります。

一方、債権回収をしようとしたとしても、取引先によってはスムーズに支払いをしてくれないケースがあります。

法的手段で解決する場合は、時間や手間がかかるので躊躇する企業も多いです。

 

資金調達は様々な可能性を知っておくことが重要!

資金調達に関しては、様々な方法がありますが、幅広く知っておくことが大切です。

特に企業に未回収債権がある場合は、大きな損失になります。

効率的に資金調達する手段を検討しましょう。