富山県経営品質協議会活動内容 定例会

8月度定例会 (2003/8/25)

 今回から「合同定例会」。80名超の参加を得て開催

 8月度定例会は、保坂講師担当の第2グループが7月で終了したので、今回から「合同定例会」として開催されることになり、8月25日(月)に「アセスメント基準書研究会⑦/5.個人と組織の能力開発」が80名超の参加を得て行われました。

 まず植木講師が、カテゴリー5はいわゆる「組織論」に相当するカテゴリーであるとの意趣から、組織論の大前提である「組織の成立3要件」(①目的の共有/②参加協働意欲/③コミュニケーション)および「組織の存続2要件」(①目標の達成/成員の欲求充足)を簡明に解説されました。この点は、基準書には書いてありませんが「リーダーシップ」「モチベーション」にも関わり、カテゴリー1/カテゴリー5を理解するベースになるものであると強調されました。

 例えば、基本理念にある「社員重視」は、「目的を共有し、参加協働意欲を持っている」ことが社員としての要件なのであって、そうでない社員も含めて重視せよということではないということが理解できるし、なればこそリーダーは(カテゴリー1にあるように)「目的=価値前提の共有」のために率先垂範して「闊達なコミュニケーション風土」づくりに尽力せよということにもなる、ということも理解できるという次第です。

 解説後の質疑応答も従来に増して活発になされ、実践的な問題意欲に基づいた質疑が続き、予定時間をオーバーしての合同定例会となりました。