富山県経営品質協議会活動内容 定例会

2月度定例会(富山会場:06/2/13、魚津会場:06/2/17、砺波会場:06/02/21)

●富山会場:2月13日(月) 開催(於:富山商工会議所/植木講師担当)

 「経営品質事始④/4.戦略の策定と展開」が開催されました。

 競合優位の顧客価値実現という「目的」に対する「手段」選択が戦略の本質であり、その「手段選択」(経営資源の効果的配分の意思決定)に際して、「目的適合的」「状況適合的」であるか(顧客・競合の動向に即しているか)が問われることを、まず講師は解説されました。

 その上で、「戦略策定&戦略形成のアプローチ」「戦略課題の実行計画へのブレークダウン」「戦略的方針管理」の3点について簡明な解題が行われた後、各自が自社の現状と問題点についての見直しを行い、活発な質疑応答がなされました。

 

●魚津会場:2月17日(金) 開催(於:ありそドーム/植木講師担当)

 「経営品質事始⑦/4.戦略の策定と展開」が開催されました。

 富山会場と同様のプログラムで進行されました。

 

●砺波会場:2月21日(火) 開催(於:砺波商工会議所/保坂講師担当)

 「アセスメント基準書研究会⑦/5.個人と組織の能力向上」が開催されました。

 お客様視点での組織構造の見直しを前提に、組織能力向上に不可欠のポイントを「部門横断型の取り組み」「エンパワーメント」などを解題しつつ、人材開発の好事例を挙げながらカテゴリーの概要が解説されました。

 グループ討議をうけてのサマリーでは、経営幹部自身の自己啓発の姿勢こそが人材育成の要であることが確認されました。