富山県経営品質協議会活動内容 定例会

3月度定例会(富山会場)

● 3 月9 日(金) 開催(於:富山商工会議所/羽田野・植木講師担当)
「実践・経営革新フォーラム⑧」が開催されました。今回は、伸びない需要動向と量販中心の低価格化という豆腐製造小売業界の環境変化の中で、ドメインの見直しによる大胆な戦略転換(集約的多角化戦略)を行い、「京とうふ」という独自なブランドを定着させて高業績軌道に乗せた「京とうふ藤野㈱」の事例ビデオを視聴して、その成功要因をさぐりました。ブランド化による顧客・市場の創造を基軸として、成長戦略として「多角化」を、競争戦略として「差別化集中」を選択した京とうふ藤野㈱の成功要因は「顧客の声」に基づいた「新製品開発のプロセスのスピード」と、それを支える「信じて任せる柔軟な組織・主体性重視の実験精神」にあることが確認されました。一般的には成長戦略の中で最も成功確率の低いとされる「多角化戦略」にもかかわらず、成功をおさめているのは「顧客視点の独自の価値創造」を率先垂範するリーダーシップの熱血にあることを再認識させられました。


● 3 月15 日(木) 開催(於:富山商工会議所/羽田野講師・中島アドバイザー担当)
「経営品質基礎コース⑥」が開催されました。今回は「5.個人と組織の能力向上」について、羽田野講師と中島アドバイザーが事例研究を交えて解題・解説を行いました