富山県経営品質協議会活動内容 定例会

9月度定例会(富山会場)(フォーラム・AI会:06/9/8、基礎コース:06/09/28)

●実践・経営革新フォーラム:9月8日(金) 開催

  (於:富山商工会議所/植木・羽田野講師担当)

 「実践・経営革新フォーラム③」が開催されました。

 今回は、固定客に支えられた抜群の生産性を誇る「㈱中央タクシー」(長野市)の事例をとりあげました。

 「お客様との親密な関係づくり」を模倣困難なレベルに意図的に引き上げて、他社の追随を許さない事業モデルを戦略的に構築していることが、卓越した業績を裏付けてる強みであることを確認し合いました。

 

●経営品質基礎コース:9月28日(木) 開催

  (於:富山商工会議所/羽田野講師・畠山アドバイザー担当)

 新規入会会員及び入替会員を主な対象とした定例会「経営品質基礎コース①」が新しくスタートしました。

 今回は、自社の事業の全体像を棚卸しするための「組織プロフィール」について、羽田野講師が解題・解説を行いました。

 経営品質について初めて知った方々が多く、熱心に聴講されました。

 講師からは、今後「アセスメント基準」を事前に熟読して、問題意識を持って定例会に臨むようにとの督励のメッセージが送られました。

 

●アセス・イノベーターの会(AI会):9月8日(金) 開催(於:富山商工会議所)

 9月8日(金)に、「ミニ勉強会」が開催されました。

 ㈱ホンダクリオ新神奈川の「経営品質報告書・要約版」に基づいて、今回は「カテゴリー2」に焦点化して、社会的責任の基本認識と人材育成との関連について意見交換をしました。

 また、「ミニ勉強会」後には「Quality-pub」(ワイガヤ懇親交流会)が会議所内で開催され、アドバイザーも交えて対話・交流を深め合いました。