「経営品質賞」は、何を目指しているの?

for Performance Excellence
顧客本位の卓越した業績を生み出す仕組みづくり

<目指す方向>パフォーマンス・エクセレンスの追求

日本経営品質賞が目指す方向は、顧客本位にもとづく卓越した業績を生み出す仕組み、すなわちパフォーマンス・エクセレンスを追及する企業・組織づくりです。
 具体的にパフォーマンス・エクセレンスとは、顧客・競争・変革の3つの視点で、組織のパフォーマンスを見た場合に、いずれかが優れているだけでなく、すべてがバランスよく最高水準を維持し、さらにそれを向上するための活動やその結果をいいます。この状態を目指した組織づくりの方向性を示すものが、日本経営品質賞のアセスメント基準です。

(日本経営品質賞 2003年度版 『アセスメント基準書』 より)